2015. 09. 10  
大田区で学習塾を経営しているくま塾長さんのブログ

可動域が狭いを読んで思ったこと。

これ、よくあると思います。



自分の姿勢を支持できてない状態なのですが、

ある程度治していく方法はあります。

以前、座り方について書いた過去記事ですが

こちらもよかったら参照ください。

座り方



rps20130906_162750_249_2015091018335447a.jpg

この2つの絵の▼のところ。

これが骨盤の仙骨の状態です。

右の絵は仙骨が後ろに倒れていて、

左の絵は仙骨が前に傾いているのを表しています。



骨盤はその構造上、前傾している状態が

一番安定しているとする考え方があり、

ここに位置することで上半身も変にクネッとせず、

かといってガッチガチに力むことも無く、

適度な状態でいられるようになります。



そして、上体をお尻だけで支えるのではなく、

お尻と両足の裏の3点で支えます。

カメラの三脚のような感じをイメージしていただけると

わかりやすいかもしれません。

仕事の効率は姿勢で変わりますので、

おそらく勉強も上記の姿勢を作ってやっていただけると

効果的だと思います。



ただ、座って何かをするということは

それだけで負担になるものですので、

年齢にもよるでしょうが、一定の時間やったら

必ず立って歩く、体を動かすなどして

リセットをしていただくことも合わせて知っていただきたいです。



体を正しく使うということは何も運動に限ったことではなく、

日常生活でも大いに関係のあることだと思います。




【お知らせ】


志木カルチャーセンターにて
10月からの新規講座開設に向けて受講生を募集しています。
9月30日(水)10時半から体験会をおこなう予定です。
よろしければ遊びにいらしてください。
悩みのないからだを目指す!骨盤帯トレーニング


シダックスカルチャークラブ鶴ヶ島駅前にて
10月からの新規講座開設に向けて受講生を募集しています。
体験会につきましては上記リンク先にお問い合わせください。
体が変わる!骨盤帯トレーニング



★最後までお読みくださりありがとうございました。
関連記事
NEXT Entry
動作術の会・10
NEW Topics
お知らせ(最新の記事はこの下からです↓)
抜刀術稽古会・4
モティリティワークアドバンス勉強会・3
動作術の会・28
スポーツと武術をつなぐ・2
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
■パス・高坂セッションルーム

パス

Author:パス
★埼玉県東松山市で手技療法をしています。臨床経験は17年ほど。気づいたことや日々の想いなどを綴っています。

★産前産後、赤ちゃんの整体について最近お問い合わせが増えてきました。何かありましたらお気軽にご相談ください。

★不定期の更新ですが、お時間のあるときにでもお越しいただけたら嬉しいです。

★2012年ココロとカラダの学びの場を立ち上げました。こちらもよろしくお願いいたします。

■すみません。。。不定休です<(_ _)>
2017年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
■Twitter
■応援のクリックが励みになります♪
■ご訪問ありがとうございます(-人-)
■今月の更新状況は?
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
■月別アーカイブ
■ブログ内検索
■リンク
■ブロとも申請フォーム