2014. 10. 02  
先日、僕の主催するココロとカラダの学びの場で、

23回目となるワークショップを開催することができた。

このブログではワークショップに関することはあまり書いてないが、

ちょっと感じたことがあったので書いてみたい。



今回はロルファーの橘さんを講師にお招きし、

「重力に抵抗しない身体の使い方」というタイトルで

橘さんの普段おこなっているものを紹介していただいた。

過去の2回の開催もそうだったが、今回もとても大きな学びとなった。



rps20141002_153315_618.jpg

これは立位での重心(重心移動)の模式図。

左の図の矢印に丸がしてある部分、

これが多くの人がやってしまう【余計なこと】となっている。

今回のWSの目的の一つは、余計なことをしないで、

シンプルに身体を使うというもの。



このワークショップが進むに連れて、

身体がどんどん変化していくのがわかった。

実に面白いなと思ったのだが、気になったこともあった。

それは重心の位置がより中心に近づいていた、ということ。



rps20141002_153407_362.jpg

これはさっき僕が書いたもの。

この右側の絵のように、赤い線(重心)を感じられるようになった。

それと同時に、体重のかかり方に変化が現れたのだった。



これはどういうことかというと、

僕は普段、足の裏にかかる体重を土踏まずに乗せない

という考え方を採用している。

これをすることで、膝や足首の変位を作ることを防ぐことができる。

特に膝痛の多くの人に見られる、内側半月のフィクセイション防止には

かなりの効果を感じている。

それと、土踏まず以外で立つことにより、

足裏から股関節までのつながりを感じやすいように思っていた。

骨で立つというやつで、骨で立つことで、筋肉は弛緩できるように思っていた。

だが、そのように立つためには、

最初に土踏まず以外のところに操作する必要があった。



rps20141002_153449_909.jpg

普段、青で立つように意識していたのが、

ワークが進むに連れて赤に近づいていくのが感じられた。



今回のワークショップ中に、体重のかかり方が明らかに中心に

近づいているのがわかり、その後の懇親会で橘さんに聞いてみた。

橘さんの答えは、どこで立つというのは無いというものだった。

実は過去に同じことを他のロルファーの方にもお聞きしたことがあった。

その方も同じ答えだった。



橘さんの回答は、「どこかで立つとなるとそこに操作が入ります。」

というもの。

そう、それは今回冒頭にお話をされていた、

大人がついやってしまう【余計なこと】とも言えるのかも。



これは、もしかしたら僕の身体感覚のレベルが低いために

2つの考え方に整合性が取れないだけで、

もしかしたら、もっと身体の使い方が上手になれば

そのベクトルは合うのかもしれないし、今後も研究したいところである。



★最後までお読みくださりありがとうございました。
関連記事
NEXT Entry
お知らせ
NEW Topics
お知らせ(最新の記事はこの下からです↓)
食事と栄養
お知らせ
抜刀術稽古会・4
モティリティワークアドバンス勉強会・3
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
■パス・高坂セッションルーム

パス

Author:パス
★埼玉県東松山市で手技療法をしています。臨床経験は17年ほど。気づいたことや日々の想いなどを綴っています。

★産前産後、赤ちゃんの整体について最近お問い合わせが増えてきました。何かありましたらお気軽にご相談ください。

★不定期の更新ですが、お時間のあるときにでもお越しいただけたら嬉しいです。

★2012年ココロとカラダの学びの場を立ち上げました。こちらもよろしくお願いいたします。

■すみません。。。不定休です<(_ _)>
2017年8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2017年9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
■Twitter
■応援のクリックが励みになります♪
■ご訪問ありがとうございます(-人-)
■今月の更新状況は?
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
■月別アーカイブ
■ブログ内検索
■リンク
■ブロとも申請フォーム