--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 08. 12  
うちのばあちゃんの話はもう少しダラダラ続きそうなんだけど

さっきふと思ったことがあったので、忘れないうちに書いておこうと思う。



自分のやっている手技、療法にプライドを持つことは良いことだし、

それがなければ技術の向上は無いとも思う。

しかし、それ違うんじゃない?ってケースをしばしば目にする。

「○○をやったら△△が治った!○○ってすごい!」ってやつ。

(○○にはそれぞれの療法の名前が入ります。)

僕も過去にそう言ったこともあるし、

たぶんこのブログや前のブログの

過去の記事を探せばそういう記述もあるだろうから、

矛盾しているんですけどね。

まぁ、その頃よりも成長したんだと思って暖かい目で見てください。



これね、○○は別にすごくも何ともないですよ。

○○を正しく効果的に使えることは必要だけど、

それはプロとしては必須なだけで、別にすごいことではない。

だから、もしすごいことがあるとするならば、

それは治るために発動したクライアントさんの自己調整力でしょう。



で、もっと言うなら、

クライアントさんの自己調整力を発動させるのには

別に○○でなくてもいいわけ。

○○でないといけないなんてことはないわけ。

○○こそ至高!その他はクズ!でもないわけ。



療法に向き不向きはあるかもしれないけど、

良い悪いは無いんじゃないかなというのが

最近思ってるところ。



でも、もしかしたらこんな反論があるかもしれない。

「私はいろんな療法を体験しましたが、ちっともよくならなかった。

でも、○○をやってもらってから快適です。」とか。

はい。

そりゃそういうことも多々ありますよ。

でも、それはあなたの受けた○○が良かったというより、

○○を正しく効果的に使えた施術者が

ちゃんとプロとしての仕事をしたということでしょう。

○○さえ受けられば、どこの誰がやってもよくなるとは、

あなただって思わないでしょ?



逆を言うと、あなたが受けて効果が無いと感じた××は、

もしかしたら、別の施術者から受けてたら効果を感じて

いただくことができたかもしれませんよね。

そういうことなんです。



施術をする側、受ける側ともに

何度となく感じることなのだと思いますが、

感激のあまり○○に陶酔しきってしまうことは

どうなのかなー?って最近ね、思ってます。



★最後までお読みくださりありがとうございました。
関連記事
NEXT Entry
なごみ整体「楽眠」
NEW Topics
お知らせ(最新の記事はこの下からです↓)
お知らせ
食事と栄養
お知らせ
お知らせ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
■パス・高坂セッションルーム

パス

Author:パス
★埼玉県東松山市で手技療法をしています。臨床経験は17年ほど。気づいたことや日々の想いなどを綴っています。

★産前産後、赤ちゃんの整体について最近お問い合わせが増えてきました。何かありましたらお気軽にご相談ください。

★不定期の更新ですが、お時間のあるときにでもお越しいただけたら嬉しいです。

★2012年ココロとカラダの学びの場を立ち上げました。こちらもよろしくお願いいたします。

■すみません。。。不定休です<(_ _)>
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
■Twitter
■応援のクリックが励みになります♪
■ご訪問ありがとうございます(-人-)
■今月の更新状況は?
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
■月別アーカイブ
■ブログ内検索
■リンク
■ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。