--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 07. 17  
伝言ゲームであれば別だけど、

見たこと、聞いたこと、学んだことなどを

自分のフィルターを通してそれを先に伝えるというのは

そんなに悪いことだとは思わないし、

そもそも、“そのまま”伝えるということは無理だと思う。



たとえば手技のことで言うとこんな感じ。

以前、クラシカルオステオパシーのセミナーで

GGG先生から聞いたことなのだけど、

先生は、可能な限りなるべく創始者に近い人から

学ぶようにしているというようなことを仰っていた。

僕の場合で言うと、日本発祥のものは無いので、

日本でなら大本のところ、それか海外で、となる。

いかんせん、金銭的にも時間的にも余裕が無いので、

そういう風にはできないのだけど、一理あると思った。

なるべく原本に近いところからというのはわかる。



僕が今やっている手技は、モティリティワークは別としても

その他のものはそれぞれ100年以上の歴史はあるし、

先人の知恵と工夫がプラスされて

僕の中でもいくつかは形になった(気がする)。

それは、創始者のはじめたものとは

根本部分は同じにせよ、まったく同じではないだろう。

それは悪いことではないとも思う。



以前、八光流柔術のあんころ猫先生からお聞きした話だけど、

柔術もつきつめると一人一流派となるのだそうだ。

ちなみに、あんころ猫先生の柔術しか僕は知らないけど、

八光流柔術としては異端になるのだそう。

あんころ猫先生のフィルターを通してのものを

門人の方に教えているのだと思う。



歴史があるほど、多くの人の手を介して

それは伝わってくるが、

最初よりも出来が悪くなれば劣化コピーとなるし、

最初よりも出来がよければバージョンアップとなるのではないか。

良くも悪くも自分次第ということになるんじゃないかな。



僕の場合だと、だいたい入ってきた情報というのは

それが今まで自分の中になかったものであるほど、

今までのものとケンカする形になることが多い。

混乱を起こすのだけど、

それはその表面しか見れていない時によくある。



だから、時間がかかることが多いけど、

少しずつその内面とか根っこの部分が理解できてくると

実はさほど正反対ではなかったりする。

そんなことが往々にしてある。



あえて混乱させながらも、成熟させる時間を置くことで、

それは自分の言葉で語れるようになるのかもしれないとも思っている。



★最後までお読みくださりありがとうございました。
関連記事
NEXT Entry
駐車場について
NEW Topics
お知らせ(最新の記事はこの下からです↓)
抜刀術稽古会・4
モティリティワークアドバンス勉強会・3
お知らせ
動作術の会・28
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
■パス・高坂セッションルーム

パス

Author:パス
★埼玉県東松山市で手技療法をしています。臨床経験は17年ほど。気づいたことや日々の想いなどを綴っています。

★産前産後、赤ちゃんの整体について最近お問い合わせが増えてきました。何かありましたらお気軽にご相談ください。

★不定期の更新ですが、お時間のあるときにでもお越しいただけたら嬉しいです。

★2012年ココロとカラダの学びの場を立ち上げました。こちらもよろしくお願いいたします。

■すみません。。。不定休です<(_ _)>
2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2017年8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
■Twitter
■応援のクリックが励みになります♪
■ご訪問ありがとうございます(-人-)
■今月の更新状況は?
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
■月別アーカイブ
■ブログ内検索
■リンク
■ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。