--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 03. 18  
※今回の記事は自分の覚書みたいなものです。



クラニオをしていて、僕の場合は一度だけなのだけど、

クライアントさんが涙を流したことがあった。

状況的にはクラニオをしてたからと言えなくもないが、

たぶん会話からの要素が大きかったように思う。

純粋にクラニオという療法によってではない気がする。



しかし、アプレジャーが作ったクラニオセイクラルセラピーでは、

しばしば感情に働きかけるという部分があったように記憶している。

「体性感情解放」という療法がクラニオセイクラルセラピーとは別にあるくらいなので、

重要視していた一つなのだと思う。



先日バイオダイナミクスの方と話をして、バイオは全然違うことがわかった。

良いとか悪い、合ってるとか間違ってるではなく、違う。

そして、メカニカルなクラニオがなぜ感情にアクセスしやすいかもわかった。

というか、教えてもらったんだけど。

すごく納得できた。



感情に働きかけることで起こるメリットとデメリット。

これをよく考えると、使い分けも出来そうな気がする。

僕は正直言うと、ロングタイドはこれがそうという認識はあまりできていない。

あとで、あの時のあれってそうだったのかな?と思うことはある。

CRIとミッドタイドは自分でチューニングできるように思う。

確実にではないけど、なんとなく最近わかる。



感情を爆発させてデトックスした方がいい場合ばかりではないような気もする。

そうでない、と思えたならばアクセスするレイヤーを気をつけていけばいい。

しかし、体性感情解放となると、また違うのだろうなと思う。

クラニオセイクラルセラピーのプラクティショナーは多いけど、

体性感情解放をやってる方は僕は面識ないけど一人しか知らない。

それくらい難解なのだと思う。

安易に感情にアクセスするのは、わからないまま行なうのは危険なのだと思う。



★最後までお読みくださりありがとうございます。
関連記事
NEXT Entry
氷山の見えないところ
NEW Topics
お知らせ(最新の記事はこの下からです↓)
抜刀術稽古会・4
モティリティワークアドバンス勉強会・3
お知らせ
動作術の会・28
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
■パス・高坂セッションルーム

パス

Author:パス
★埼玉県東松山市で手技療法をしています。臨床経験は17年ほど。気づいたことや日々の想いなどを綴っています。

★産前産後、赤ちゃんの整体について最近お問い合わせが増えてきました。何かありましたらお気軽にご相談ください。

★不定期の更新ですが、お時間のあるときにでもお越しいただけたら嬉しいです。

★2012年ココロとカラダの学びの場を立ち上げました。こちらもよろしくお願いいたします。

■すみません。。。不定休です<(_ _)>
2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2017年8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
■Twitter
■応援のクリックが励みになります♪
■ご訪問ありがとうございます(-人-)
■今月の更新状況は?
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
■月別アーカイブ
■ブログ内検索
■リンク
■ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。