2014. 03. 08  
常連さんのSさんにうつ伏せになっていただいたところ。

rps20140308_143210_741.jpg

いつもはこんなに曲がっていないのだけど、今日はすごかった。

曲がっているのが悪いかというとそういうわけでもないのですが、

とりあえずこの状態で違和感が無いかどうかを聞いてみました。

Sさんは無いということでした。



これはどういうことかというと、

曲がって寝ているという情報が脳で受け取れていないということ、かなと。

うまく伝達ができていないように思いました。

もしくは、脳が曲がった状態をまっすぐだと思ってしまっているとか。



先日、武井壮さんの動画をフェイスブックで知ったのですが、

似ている部分があるような感じがしました。

で、貼ろうと思って探してみたのですが、youtubeの動画消されていましたー><;

なので別のをリンクしておきますね。

埋め込み方がわからないのですが、こちらです↓

武井壮さんの動画(これはまだの人は観ておいたほうがいいと思います!)

運動するしないに関わらず、

動きという部分において脳がどれだけ身体とつながっていられるかは、

とても大事なことだと思っています。



オステの先生から教えていただいたのですが、「皮脳同根」という言葉があります。

皮膚と脳は同じ細胞から分裂されています。

皮膚を通して脳にアプローチを、と

僕の施術では、最近はそこのところを重視しています。



rps20140308_143128_840.jpg

一応ビフォー&アフターというとこで、施術後の写真も。

先ほどよりもまっすぐに近くなっています。

まだ曲がってるといえば曲がってるのですが、

別にまっすぐにするのが目的じゃないのでいいのです。



昔はもっともっとまっすぐに近づけようと思っていました。

僕の思う「良い状態」にしようとしていました。

今から考えるととそれはエゴなんですがね。

今はそういうのは無くなりました。

僕がまっすぐにするんじゃなくて、クライアントさんの身体ができてくると、

練れてくると、その頃はよりまっすぐに近づいているんだと思います。



妊婦さんの施術除いて、普段ビフォー&アフターの写真を貼ることないんですけど、

今回はたまたまSさんがこのような状態でしたので、貼らせていただきました。

Sさんありがとうございました。

※画像はSさんからご了解をいただき使わせていただいております。



★最後までお読みくださりありがとうございます。
関連記事
NEXT Entry
感情へのアプローチについて
NEW Topics
お知らせ(最新の記事はこの下からです↓)
抜刀術稽古会・2
動作術の会・27
抜刀術稽古会・1
触れるを学んできました
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
■パス・高坂セッションルーム

パス

Author:パス
★埼玉県東松山市で手技療法をしています。臨床経験は17年ほど。気づいたことや日々の想いなどを綴っています。

★産前産後、赤ちゃんの整体について最近お問い合わせが増えてきました。何かありましたらお気軽にご相談ください。

★不定期の更新ですが、お時間のあるときにでもお越しいただけたら嬉しいです。

★2012年ココロとカラダの学びの場を立ち上げました。こちらもよろしくお願いいたします。

■すみません。。。不定休です<(_ _)>
2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2017年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
■Twitter
■応援のクリックが励みになります♪
■ご訪問ありがとうございます(-人-)
■今月の更新状況は?
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
■月別アーカイブ
■ブログ内検索
■リンク
■ブロとも申請フォーム