2014. 01. 23  
僕の施術では、手や足を持って動かすことが多いです。

その際に、受け手の方は完全脱力してくださるといいのですが、

なかなか脱力が出来ない(ご自身はもちろん力を抜いているのだけど)方が多いです。

中には動かす方向がわかってて、ご自分で先に動いちゃう方もいます。

それをどう脱力していただくかというのが僕の力量になるのですが、

毎度のことながら難しいなぁと思っています。

余談ですが、自分から動いてしまう方は必要以上に気を遣われる方が多いように思います。

脱力が上手になると、気を遣いすぎて疲れてしまうというのも変わってくるのではと、

これは僕の想像ですが、思っています。

やはり、ココロとカラダの関係性によるものなのではないかなと。



さて、今日も脱力が難しいとご自分で仰っている方がいました。

でも、僕の感覚だと一番最初に施術を受けていただいた一年前と比べて、

はるかに力の抜き方が上手になっていたと思います。

本日、4回目の施術でしたがやはり繰り返し行うことで

少しずつ浸透していったのではないでしょうか。



昨年、橘さんのワークショップで、

「力がぬけた状態を体験したことがないから、力のぬき方がわからない」

ということを教えていただいたのを思い出します。

順番としては、脱力というのを体感していただき、

今の自分の状態がどうなのかを見つめることが大事なように思います。

内観することです。

今、「脱力が出来ていない」ということを理解できれば、力を抜くという選択もできますが、

「脱力が出来ているのかどうかわからない」では、何もしようがないからです。

今の自分の状態がわかれば、身体はどうしたらいいかを自ら選んでくれるようにも思います。



★最後までお読みくださりありがとうございます。

Facebookページを作ってみました。よろしければこちらもご覧ください。
関連記事
NEXT Entry
プラクティショナーの数だけクラニオはある
NEW Topics
お知らせ(最新の記事はこの下からです↓)
抜刀術稽古会・2
動作術の会・27
抜刀術稽古会・1
触れるを学んできました
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
■パス・高坂セッションルーム

パス

Author:パス
★埼玉県東松山市で手技療法をしています。臨床経験は17年ほど。気づいたことや日々の想いなどを綴っています。

★産前産後、赤ちゃんの整体について最近お問い合わせが増えてきました。何かありましたらお気軽にご相談ください。

★不定期の更新ですが、お時間のあるときにでもお越しいただけたら嬉しいです。

★2012年ココロとカラダの学びの場を立ち上げました。こちらもよろしくお願いいたします。

■すみません。。。不定休です<(_ _)>
2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2017年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
■Twitter
■応援のクリックが励みになります♪
■ご訪問ありがとうございます(-人-)
■今月の更新状況は?
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
■月別アーカイブ
■ブログ内検索
■リンク
■ブロとも申請フォーム