2012. 12. 11  
皮膚感覚の不思議」という本を読みました。

51G5SY4Q25L__SL500_AA300_.jpg



臨床心理学の立場から書かれた良書だと思います。

僕ら手技療法家にとってもとても学ぶべき点が多くあるように感じ、

さっそく仲間にもおススメしたところです。



第一章では「触れる」ということについて。

五感(視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚)のうち、

触覚だけは特別に受容器があるわけではないんですよね。

第二章からは、「痛い」「痒い」「くすぐったい」「気持ちよい」といった感覚について

著者の観点なども交えながら語られています。

とっても読みやすいです。

また、最終章では子どもの発達に関して書かれていまして、

これから子育てをする方にもおススメしたい一冊です。



★最後までお読みくださりありがとうございました。
関連記事
NEXT Entry
西華のチャーハン
NEW Topics
お知らせ(最新の記事はこの下からです↓)
抜刀術稽古会・2
動作術の会・27
抜刀術稽古会・1
触れるを学んできました
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
■パス・高坂セッションルーム

パス

Author:パス
★埼玉県東松山市で手技療法をしています。臨床経験は17年ほど。気づいたことや日々の想いなどを綴っています。

★産前産後、赤ちゃんの整体について最近お問い合わせが増えてきました。何かありましたらお気軽にご相談ください。

★不定期の更新ですが、お時間のあるときにでもお越しいただけたら嬉しいです。

★2012年ココロとカラダの学びの場を立ち上げました。こちらもよろしくお願いいたします。

■すみません。。。不定休です<(_ _)>
2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2017年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
■Twitter
■応援のクリックが励みになります♪
■ご訪問ありがとうございます(-人-)
■今月の更新状況は?
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
■月別アーカイブ
■ブログ内検索
■リンク
■ブロとも申請フォーム