2012. 12. 09  
先日、お休みをいただきモティリティワーク勉強会に行ってきました。

今回は4回目で、クラニオセイクラルワークの取り合えずの終了となります。



内容は、まぁいつもの通り難しいのですが、

先生から「今やってるのはかなり難しいことです。

わからなくて当たり前。英語の文法とかわかんなくてCNNを聴いてるようなもの。

でも、単語くらいはなんとなくわかるでしょ、それでいいんです。」

と言うようなことを言われました。

実際、僕の例を取り上げ、先日のワークショップはいかがでしたか?と。

「いや、それは一般向けだったしかなりわかりやすかったです。」と答えたら、

そう、それで良いんです、と。

難しさのレベルで行くと今がピークで、これから難易度は低くなってくるそう。

ということで、一応メンバー全員安心したのでした。



大脳鎌と小脳テントの説明後に

前回やったハンドポジションの復習をしました。

今までもイヤープルは行っていましたが、小脳テントを意識してというのは初めてでした。



次にオートマチックシフティングの説明。

まぁ簡単に言うと、自動的に起こる治療プロセスです。




ロングタイドを意識するというのが難しいのですが、

恐ろしいことにCRIから入ってくると、そこから先に行きにくいということ。

別の波を意識しにくくなってしまうのでしょうか。

クラニオセイクラルセラピー→バイオダイナミクスという順番ではなく、

バイオダイナミクス→クラニオセイクラルセラピーという順番のほうが

もしやるのでしたら理解しやすいのかもしれません(私見)。



しかしながら、最後にはタイドらしきものもそれぞれ感じられたみたい。

僕の場合は受けてて一本ラインが通った感じがありました(ただし右足を除く)。

取り合えずは無事にクラニオを終えることができたのでした。



その後は先生と我々勉強会メンバーとで忘年会をしてきましたー。

写真が一枚も無くて残念。

とっても美味しくて雰囲気もよくてリーズナブルなお店でした。

が、名前も忘れてしまって本当に使えない奴ですね。スミマセン。



来年からはモティリティワーク・ヴィセラル(内臓)編のスタートです。

すごく楽しみです。



★最後までお読みくださりありがとうございました。
関連記事
NEXT Entry
痛みとゆがみ
NEW Topics
お知らせ(最新の記事はこの下からです↓)
抜刀術稽古会・2
動作術の会・27
抜刀術稽古会・1
触れるを学んできました
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
■パス・高坂セッションルーム

パス

Author:パス
★埼玉県東松山市で手技療法をしています。臨床経験は17年ほど。気づいたことや日々の想いなどを綴っています。

★産前産後、赤ちゃんの整体について最近お問い合わせが増えてきました。何かありましたらお気軽にご相談ください。

★不定期の更新ですが、お時間のあるときにでもお越しいただけたら嬉しいです。

★2012年ココロとカラダの学びの場を立ち上げました。こちらもよろしくお願いいたします。

■すみません。。。不定休です<(_ _)>
2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2017年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
■Twitter
■応援のクリックが励みになります♪
■ご訪問ありがとうございます(-人-)
■今月の更新状況は?
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
■月別アーカイブ
■ブログ内検索
■リンク
■ブロとも申請フォーム