2012. 05. 22  
昨日はお休みをいただきまして、

藤本靖先生のモティリティワーク勉強会に参加してきました。

モティリティとは、組織が持つ自動運動性のことで、

僕が学んでいるクラニオワークもジャンル分けするなら

モティリティワークに含まれるのかなと思います。

藤本先生にお会いするのは昨年のWSに続き2度目でした。

ですが、今回の勉強会開催に当たって、メールやスカイプでのやり取りを

かなり続けましたので、なんだか2度目という感じはしませんでした。



さて、昨日の勉強会は公開講座ではなく、

クラスを作ってのシークレットな勉強会でした。

不肖・わたくし山本がクラスのお世話役を。

しかし、第一回の集合時間に集まれないという失態を

いきなりかましてしまいました^^;



いや、行ってたんですよ。

集合場所の近くには。

つうか、1時間前からスタンバっていました(´・ω・`)

会場の下見もし、腹ごしらえもし、トイレで歯磨きもし、

準備オッケーの状態で居たのですが、

クラスのみんなとの集合場所に行けないという。

(1人違うところで待ってましたwww)

うう。みんなゴメン。

この辺の感覚はたぶん天性のものなんだよな。



さて、5分遅刻くらいで会場入り。

先生の自己紹介のあとモティリティワークについての講義と実技。

・前弯。重さに従う。つながりを感じるワーク。膜を感じる。

・サザーランドホールド。流動性を感じる。身体の開閉。

難しい…、けど、面白い!



次に知覚の訓練。

知覚を学ぶプロセスは、本当にその通り!と思います。

これ以外に無いでしょうね。精進したいと思います。

プラクティショナーズニュートラルについて。

これは藤本先生の水平展開理論が実に理にかなっています。

これは練習すればかなり有効だと思いました。

縦軸だけではなく水平に広げることの重要性を学びました。



気がつくと、外は暗くなっていました。

休憩無しであっという間に5時間半が過ぎていました。

これにて第1回は無事終了。

次回までに練習をしておきたいですね。



★最後までお読みくださりありがとうございました。
関連記事
NEXT Entry
痛みを抑える
NEW Topics
お知らせ(最新の記事はこの下からです↓)
抜刀術稽古会・2
動作術の会・27
抜刀術稽古会・1
触れるを学んできました
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
■パス・高坂セッションルーム

パス

Author:パス
★埼玉県東松山市で手技療法をしています。臨床経験は17年ほど。気づいたことや日々の想いなどを綴っています。

★産前産後、赤ちゃんの整体について最近お問い合わせが増えてきました。何かありましたらお気軽にご相談ください。

★不定期の更新ですが、お時間のあるときにでもお越しいただけたら嬉しいです。

★2012年ココロとカラダの学びの場を立ち上げました。こちらもよろしくお願いいたします。

■すみません。。。不定休です<(_ _)>
2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2017年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
■Twitter
■応援のクリックが励みになります♪
■ご訪問ありがとうございます(-人-)
■今月の更新状況は?
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
■月別アーカイブ
■ブログ内検索
■リンク
■ブロとも申請フォーム