--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 10. 04  
先日の2日の日曜日は、

クラシカルのセミナー4回目でした。

毎月第一日曜日の開催で、

来月の5回目が基礎の最終回。

早いなぁ。



今回のテーマは「オステオパシーセンター」。

何か今回難しかった。

オステオパシーセンターって何?って聞かれた場合、

レジュメを見ればわかるのですが、

自分の言葉で説明できない。。。

つまり、わかってないってことですね。

次回もっとよく勉強してきます。



今回の講師は、もう何度も教わっている玉川先生と真純先生。

前回の会長の講義に関連する事項から。

骨盤は仙骨を屈曲させると下部が開き、

仙骨を伸展させると閉まるというもの。

なので、出産時に分娩台で仰向け&開脚という

一般的な状態のお産てどうなのかという話だったのですが、

では、何で仙骨を屈曲させると閉まるのか?

これを模型を分解して説明してくれました。

答えは耳状面にありました。

構造と力学を考えると、答えは出るのだなとあらためて実感。



その後、オステオパシーセンターの説明。

クラシカルは特にリンパ液や血液などの循環に重きを置いていますが、

神経の状態を安定させるというのも同時に行っています。

とくに、交感神経節をねらった抑制テクニックは

とても地味ながら非常に効果的な技法だと思いました。



昼食は今回受講生3人で。

バーミヤンが混んでいたのでフィリピン料理屋さんへ。

このフィリピン料理屋さんは、夜だけだそうで、

昼間は普通のらーめん屋さん。

以前、味噌らーめんを食べたことありまして、

今回はつけ麺&炒飯セットにしたんだけど、

ここの麺類は僕の好みと合わないと今回判断できました。

炒飯はおいしかった。



午後の部は実技。

今回はお互いに持ち時間30分で

本当に施術をしている体(てい)で行います。

いつも組む柔整師のKさんと。

Kさんが先にベッド(つってもテーブルにマットが敷いてあるやつ)に

寝てしまって、僕からすることになっちゃいました。



まず、仰向けで一通りやっていきます。

途中から真純先生が携帯で写真を撮ってくれて

あとでそれを見せながら形を注意してくれました。



うつ伏せになり、上肢を回しながらの環状振揺をやってたら

Kさんから「反対です。」と。

あー逆に回してたよ。

でも、これでバッチリ覚えた。



サイドラインとドック。

これはセットがよくできなかったのですが、

今回真純先生が付きっ切りで教えてくださったので

手順と気をつける点は頭に入りました。

あとはできるまで練習です。



Kさんと交代して患者役。

Kさんもサイドラインとドックが難しそうだったけど、

ドックはしっかり決まっていたな。

練習してるんだろうなー。

残り時間でお互いにサイドラインとドックの練習をしたので

だいぶ感覚がわかった気がします。



16終了予定のところ、30分オーバーして教えてくれました。

大感謝。



その後、池袋に行き、昔の仲間の長島君との飲み。

長島君は開業前に勤めていたところの同僚で、

カイロをやっています。

前は半年に一回くらい飲んでたんだけど、

長島君お店を閉店して、その後柔整の学校に通っていたので

久しぶりの再開となりました。



3年半ぶりくらいで、最初はあまり話が弾まなかった。

まぁ、近況報告とか、昔の仲間がどうしてるかとか。

僕はその日の午後からめずらしく頭が痛かったので、

アルコールもあまり受け付けず、食欲も無く、

サラダをつまみながらビールをちびちび飲んでいました。



が、その後カイロプラクティックの話になると

痛みも忘れるくらい話が弾む弾む(笑)

カイロは自分の施術の中心となるテクニックですが、

僕は今はカイロ以外の療法に関心が行きつつあります。

でも、長島君は違いました。

昔っからそうなのですが、カイロ馬鹿でした。

中川先生という大御所の先生のところにカイロを受けに

大阪まで3回通ったとか、○○先生(この方も大御所)は、

セミナーで行ってることと自分でやってることが違うとか(笑)

近郊の有名どころはたいがい受けたことあるのだそう。

僕が以前教わった先生(マイナーなんだけど有名どころが一目置くくらいの人物)にも、

話をしたらすぐに受けに行ってて驚いたことあります。

そんなカイロ大好きな長島君が、全然変わってなくて嬉しかったです。



が、僕も経験あるのでよくわかるのですが、

やはり長島君も彼なりにカイロの矛盾に難儀してた時期があったそうで、

彼はSOTというカイロでもちょっと変わったテクニックを使うのだけど

セオリーどおりに行かないことが多々出てくると。

そして、それを自分なりに研究してたんだそう。

たまたまこの日の待ち合わせに早く来てたそうで、

僕が来るまでの時間つぶしにジュンク堂でオステの本を見てたら

その答えかも!と思うことが載っていたと。



オステのテクニックで間接法というのがありまして、

カイロのアジャスト(直接法)とは真逆の考え方をしているものなのです。

間接法的にSOTのブロックテクニックを使えるケースと、

使えないケースがあるというのが、彼の考え。

僕もすごく納得できるものでした。

僕も臨床の場においては、間接法をたまに使いますが、

間接法だけでも、あるいは直接法だけってのは効果的では無いように感じていました。

もちろん、それぞれ一方だけで効果を出している方もおられるでしょうから、

あくまでも僕の個人的なものです。

それにしても…。

話を聞いていてゾクゾクしました。



それから、お互いの施術の成功例や、改善に導けなかった例とか

施術の話になると尽きないです。

面白かった~。

気づいたら4時間以上もいました。



その後、再開を約束して帰路へ。

電車に乗ったら頭痛が再発(苦笑)

あーやっぱりあの時だけだったんだな。

妻が駅まで迎えに来てくれて、

家に帰って少しの間自分の頭蓋を調整してみました。

そしたら、痛みはだいぶ治まって、そのまま就寝。

翌日はスッキリ治っててあーよかった。



★最後までお読みくださりありがとうございました。
関連記事
NEXT Entry
伝える・伝わるということの難しさ
NEW Topics
お知らせ(最新の記事はこの下からです↓)
抜刀術稽古会・4
モティリティワークアドバンス勉強会・3
お知らせ
動作術の会・28
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
■パス・高坂セッションルーム

パス

Author:パス
★埼玉県東松山市で手技療法をしています。臨床経験は17年ほど。気づいたことや日々の想いなどを綴っています。

★産前産後、赤ちゃんの整体について最近お問い合わせが増えてきました。何かありましたらお気軽にご相談ください。

★不定期の更新ですが、お時間のあるときにでもお越しいただけたら嬉しいです。

★2012年ココロとカラダの学びの場を立ち上げました。こちらもよろしくお願いいたします。

■すみません。。。不定休です<(_ _)>
2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2017年8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
■Twitter
■応援のクリックが励みになります♪
■ご訪問ありがとうございます(-人-)
■今月の更新状況は?
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
■月別アーカイブ
■ブログ内検索
■リンク
■ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。