2011. 02. 12  
続かない苦しい努力はしない



僕の尊敬するプロ野球選手、

中日ドラゴンズの山本昌投手の著書

133キロ怪速球」の中の一節である。



人間は努力をやめてしまえば、そこで進歩は止まってしまう。

それはたぶん、人生の真理なんだと思う。

誰だって、そんなことはわかっている。

だけど「それができれば苦労しないんだよ」というのもまた、

人間のありふれた姿なんだと思う。

努力は苦しいものなのだ。

僕だって、そんな大多数の側の人間だ。

楽な方に流されたい。

苦しいことからは、できれば逃げたい。

しかもプロ野球の中に入ってしまえば、

突出した才能があるわけでもなかった僕が、

200勝する投手になれたのはなぜだろう。

人に誇れる能力があるとするならば、

僕は「継続力」にあると思っている。




ここからその継続の仕方について述べられているのだが、

要は、目標設定を低めにするということだ。

はじめから高い目標を設定してしまうと、

それをクリアするのは難しくなってしまう。

それよりも、少しだけの努力で続けられることを決め、

それを長く持続するのだそう。

これは何も野球に限ったことでは無いと思った。



実は僕はこの本が大好きで、全部を通して読んだあとは

時々読みたい部分だけを読むということを何度も繰り返している。

そして息子にも読ませたいと思い、貸したところ

あっという間に読めたそうだ。それくらい読みやすい。

息子の場合は学校で読書の時間があるので、

その時間を利用して読んだようだが。



継続は力なりという言葉があるが、

その方法、どうやって継続させるかというのは

あまり書かれているのを見たことがない。

この本は、その実践者の言葉として重みがあるものになっている。

これからも時々開いてみたくなる本である。



(追記)

以前にも山本昌関連の記事を書いています。

よろしかったらコチラもどうぞ。



★最後までお読みくださりありがとうございました。
関連記事
NEXT Entry
雪が降って身が引き締まる。
NEW Topics
お知らせ(最新の記事はこの下からです↓)
抜刀術稽古会・2
動作術の会・27
抜刀術稽古会・1
触れるを学んできました
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
■パス・高坂セッションルーム

パス

Author:パス
★埼玉県東松山市で手技療法をしています。臨床経験は17年ほど。気づいたことや日々の想いなどを綴っています。

★産前産後、赤ちゃんの整体について最近お問い合わせが増えてきました。何かありましたらお気軽にご相談ください。

★不定期の更新ですが、お時間のあるときにでもお越しいただけたら嬉しいです。

★2012年ココロとカラダの学びの場を立ち上げました。こちらもよろしくお願いいたします。

■すみません。。。不定休です<(_ _)>
2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2017年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
■Twitter
■応援のクリックが励みになります♪
■ご訪問ありがとうございます(-人-)
■今月の更新状況は?
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
■月別アーカイブ
■ブログ内検索
■リンク
■ブロとも申請フォーム