--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 09. 28  
以前師事していたS先生から

「病を診ずに患者を診よ」

という言葉をメールでいただいたことがある。

もう10数年前のことだ。

施術の悩みを相談したときの返信に

対応策と一緒に送ってくださったのだ。

S先生ご自身も、

元慈恵医大 解剖学准教授の

早川先生から聞いた言葉だと仰っていた。



さきほど慈恵医大病院のHPを覗いたら病院の理念として

「病気を診ずして病人を診よ」という言葉があった。

実に素晴らしい理念だと思う。

だが、この言葉を理解できたのは最近なのかも…。





先日、常連の方の紹介で患者さん(Kさん)がいらっしゃった。

症状を聞いていくと肩こりがキツイのだそう。

僕は初めての方には「この症状について何か治療をしたことがありますか?」

とほとんど聞くのだけど、今回も同じ質問をしたところ

「一度とある整体に行ったときに帰れなくなっちゃったことが…。」と仰る。



「なんか緊張しちゃったみたいで、終わったあと過呼吸になっちゃったんです。」

この言葉でつながった。

その、とある整体とは、僕のことだった。



お恥ずかしい話だが、そのお話を聞くまではわからなかった。

だが、たしかに僕だ。

ここに移転する前のこと。

5~6年前に僕は一度Kさんの施術をしていたのだ。



つづく
関連記事
NEXT Entry
病を診ずに患者を診よ(前編と後編の間)
NEW Topics
お知らせ(最新の記事はこの下からです↓)
腰痛を克服するということ
立つこと、そして歩くこと
お知らせ
セミナー参加の履歴(2018年)
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
■パス・高坂セッションルーム

パス

Author:パス
★埼玉県東松山市で手技療法をしています。臨床経験は17年ほど。気づいたことや日々の想いなどを綴っています。

★産前産後、赤ちゃんの整体について最近お問い合わせが増えてきました。何かありましたらお気軽にご相談ください。

★不定期の更新ですが、お時間のあるときにでもお越しいただけたら嬉しいです。

★2012年ココロとカラダの学びの場を立ち上げました。こちらもよろしくお願いいたします。

■すみません。。。不定休です<(_ _)>
2018年2月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
2018年3月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
■Twitter
■応援のクリックが励みになります♪
■ご訪問ありがとうございます(-人-)
■今月の更新状況は?
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
■月別アーカイブ
■ブログ内検索
■リンク
■ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。