--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 09. 02  
完全な健康は達成できない。

だから、完全な健康を約束する人や

商品には気をつけたほうがいい。



健康とは諸条件が変われば破れてしかるべき、

ダイナミックかつ一過性の<平衡状態>のことであり、

そのほとんどの「破れ」は

ささやかなものであるのがふつうだ。



重要なポイントは、

健康が静的なものでないというところにある。



つまり、よりよいありかたにもどっていくために、

ときおり健康な状態が失われるのは

正常であるということだ。



からだの平衡が破れたときはいつでも、

治癒系がそれを再建しようと動き出す。



いいかえれば、治癒とは、

なんらかの健康の「破れ」によってスイッチが入る

自動的なプロセスのことなのだ。




「癒す心、治る力 8週間で甦る自発的治癒力」より





先日、高坂図書館で借りてきた本の一節だけど、

まさに我が意を得たりである。

僕は以前よく「骨格を安定させる」という言葉を使っていたが、

安定を健康に入れ替えていただければよくわかると思う。



骨盤が安定することで症状が落ち着くなんてことはよくある。

しかし、生活をする上で、安定は不安定の連続の中にあるものだ。

骨盤に関して言うなら、たとえば歩行をすると

正常な動きでは仙腸関節は交互に前方、後方へ傾くし、

同時に恥骨結合もそれに合わせたクランク運動をする。

つまり、日常生活の中では、骨盤はいつも不安定にさらされているということだ。



「いいかえれば、治癒とは、

 なんらかの健康の「破れ」によってスイッチが入る

 自動的なプロセスのことなのだ。」




しかし、これは健康な状態から変化したときのみ有効だと思う。

そもそもが不健康であるならば、

自動的にスイッチが入ることもないだろう。

そして現在不調を訴える方の多くは、

状態が良くない方ほど変化に反応しにくいと思う。



僕らの大事な役割の一つに整形や接骨でどうにもならない症状を

緩和させるというのもあるけど(もちろん色々ご意見はあるだろうけど)、

もう一つは、スイッチが入らないのをどう入れるかということじゃないかと思う。

いや、どう自然とスイッチが入るような状態に導けるか、か。

で、もしかしたら後者のほうが重要なのかななんて最近は思ってるところ。



まだ読み始めたところでこれからなんだけど

なかなか考えさせられることばかりである。

この先が楽しみだ。



★最後までお読みくださりありがとうございました。
関連記事
NEXT Entry
転機はどこに転がってるかわからない
NEW Topics
お知らせ(最新の記事はこの下からです↓)
お知らせ
食事と栄養
お知らせ
お知らせ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
■パス・高坂セッションルーム

パス

Author:パス
★埼玉県東松山市で手技療法をしています。臨床経験は17年ほど。気づいたことや日々の想いなどを綴っています。

★産前産後、赤ちゃんの整体について最近お問い合わせが増えてきました。何かありましたらお気軽にご相談ください。

★不定期の更新ですが、お時間のあるときにでもお越しいただけたら嬉しいです。

★2012年ココロとカラダの学びの場を立ち上げました。こちらもよろしくお願いいたします。

■すみません。。。不定休です<(_ _)>
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
■Twitter
■応援のクリックが励みになります♪
■ご訪問ありがとうございます(-人-)
■今月の更新状況は?
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
■月別アーカイブ
■ブログ内検索
■リンク
■ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。