2009. 12. 24  
最近こういう方が何人か続きました。

それは、自分で関節をポキッと鳴らす方。



「なんとなくスッキリしないので関節を鳴らします。

ポキッと鳴ると、可動域が広がって楽になるみたい。

だから辛い時にはよく鳴らすんですよ。」



しかし、ある日いつもと同じように関節を鳴らそうとしても鳴らない。

そしていつもより痛みが強かったりする。

それは、首であったり背中であったり、また、腰であったり。



そのような方には、施術が済んでからいつも言うことがあります。

「自分で鳴らそうとしないで欲しいんです。」と。



動きの中で、鳴ってしまうのは構わないんです。

鳴らそうとすること、なんです。



そもそも、なぜスッキリしないのか?

筋肉をはじめとする軟部組織が、その関節に不具合を起こしているから…?

そうであるなら、鳴らすのはロックを解除することにならないのか?



そういう声もあるかもしれません。

が、やはり鳴らそうとすることの弊害は大きいのです。

一般の方向けに比較的やさしく書かれたサイトがありました→コチラ

これは、キャビテーションエロージョンの影響について書かれたものですが、

僕はまた、違う理由から言っています。



ちなみに、【同一関節を1日10回程度、1ヶ月続けて鳴らすこと】が

関節内においては、キャビテーションエロージョンの条件となるようです。

だから、その回数内で【鳴ってしまうもの】については、

僕はあまり問題視してはいないのです。



時間の関係で後日に続きます。
関連記事
NEXT Entry
いけない理由
NEW Topics
お知らせ(最新の記事はこの下からです↓)
食事と栄養
お知らせ
抜刀術稽古会・4
モティリティワークアドバンス勉強会・3
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
■パス・高坂セッションルーム

パス

Author:パス
★埼玉県東松山市で手技療法をしています。臨床経験は17年ほど。気づいたことや日々の想いなどを綴っています。

★産前産後、赤ちゃんの整体について最近お問い合わせが増えてきました。何かありましたらお気軽にご相談ください。

★不定期の更新ですが、お時間のあるときにでもお越しいただけたら嬉しいです。

★2012年ココロとカラダの学びの場を立ち上げました。こちらもよろしくお願いいたします。

■すみません。。。不定休です<(_ _)>
2017年8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2017年9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
■Twitter
■応援のクリックが励みになります♪
■ご訪問ありがとうございます(-人-)
■今月の更新状況は?
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
■月別アーカイブ
■ブログ内検索
■リンク
■ブロとも申請フォーム