2014. 12. 17  
Twitterでお誘いをいただき、

整体を学んでいる方々の集いに参加させていただきました。

一人は友人、他の二人は初めてお会いする方たち。

日ごろツイートを読ませていただいており、

ぜひお会いしてお話をうかがいたいと思っていました。



もしかしたら僕のクライアントさんや

このブログを見てくださっている方でも

勘違いをされている方がいるかもしれないので、

念のため書いておきますね。

僕は整体のことは門外漢のため詳しく知りません。

ですが、整体的な生き方にはとても共感しています。

整体とは生ききって死ぬということのようです。

病気と対峙することではないし、

痛みを消す治療法でもない。

僕がここのところ思っていたことには

きっと整体的な思想が影響しているのだと思います。



今回ご一緒させていただいた辻本さんのツイートに

整体とは?のヒントが書かれているように思います。

残念ながらはしかに自然にかかることがなくなっている昨今、呼吸器はどうしたら育つのか。体はその病気がなくなったとしても必ず別の手段を用いて成長して強くなろうとするはず。今の咳の抜けない娘がその状態なのかはわからないけれど、抜けた暁にはきっと何かが育ったのだろう思える。そのサポート。

整体の生活は病院に行かないことじゃない。自分の足で立った結果行かなくなるだけなのだ。そして病気を治すという見方をしない。この姿勢がわかってないと具合悪くなっても我慢して無理して体を壊す。壊れてみて初めてわかることもあるだろうからそれも悪くないけど。

本来、治りたい欲求が意識の上にのぼる前から体が勝手にやりはじめてるのだから、そのままそれがスムーズに執り行われるような体であれば、治りたい治したいと意識的になったり、さらにあれこれ外から補うことをしなくてもいいはずだ。さらっとしれっとちょびっと我慢していれば通っていくもの。



僕は整体とは何か?を語ることはできませんが、

僕の思う「整体」はやはりこの路線が心地よいです。

治し方やテクニックも大事なのかもしれませんが、

根っこの部分を自分ではもっとも大切に考えています。



このたびは

栗本啓司さん(@DarumaKuri)、空密さん(@reifull )、

辻本康江さん(@yasue_t )の3名の方達に混ぜていただきました。

この日お聞きした素敵な言葉を

自分の中でさらに熟成させていきたいと思っています。



★最後までお読みくださりありがとうございました。
■パス・高坂セッションルーム

パス

Author:パス
★埼玉県東松山市で手技療法をしています。臨床経験は17年ほど。気づいたことや日々の想いなどを綴っています。

★産前産後、赤ちゃんの整体について最近お問い合わせが増えてきました。何かありましたらお気軽にご相談ください。

★不定期の更新ですが、お時間のあるときにでもお越しいただけたら嬉しいです。

★2012年ココロとカラダの学びの場を立ち上げました。こちらもよろしくお願いいたします。

■すみません。。。不定休です<(_ _)>
2017年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2017年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
■Twitter
■応援のクリックが励みになります♪
■ご訪問ありがとうございます(-人-)
■今月の更新状況は?
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
■月別アーカイブ
■ブログ内検索
■リンク
■ブロとも申請フォーム