2009. 02. 24  
カイロプラクティックを学んできました。

僕が中3の頃、カイロプラクティックを初めて受けて衝撃を受けたから、

かどうかはわかりませんが、ずっと印象に残っていました。



その後、整体やらカイロやらを学んで当時思ったのは、

「カイロこそ最高のテクニックだ」ということ。

痛みの原因を見つけ出し、瞬間的に関節を動かすことで痛みが治まる。

これは魔法か?と思ったものです。



そして当時教わっていた先生の影響から構造医学に至り、

「これこそが(以下略)」と。

構造医学では、関節をボキッと鳴らすことはしません。

関節面に静かに圧力をかけることで関節機能の改善をはかります。



ここ最近はオステオパシーの間接法に関心をもっていまして、

ちょろっとマネゴトをしています。で、効果ものすごくあります。

本来なら「こ、これこそが…。」となるところなんですけど

今はそういう心境にはなっていません(やっとか!)。



それぞれの手技はそれぞれ違ったことをしていますが、

実は整合性があります。

僕はそれに気づいたのが恥ずかしながら最近なんですけど

たぶん僕の先生は当時それに気づいていました。


間接法
直接法とは逆に、より生理学的限界のセンターポイントより遠い方、すなわち、その部位が動きやすい方向に力を加え、誇張する。生理学的な限界が遠い方向は、オステオパシーでは機能障害という。例えば、骨が右に異常弯曲している状態では、骨は右に動きやすいが、左には動きにくい。動きやすい方は病的な方向であるので、右側機能障害という。間接法はその機能障害の方向にあえて動作を加えることにより、脳に異常な様態を認識させ、正常に戻す治癒力を発揮させて治そうとするものである。


ウィキペディアより



これは、オステオパシーで言うところの説明ですが、椎間関節でも説明がつくのです。

うーむ。。。



山を登るのにAコースから行くのか、Bコースから行くのかの違いなのかな?

と以前は思っていましたが、

中で起こってることは同じなのか!と思ったのです。

まー興奮してるのは僕だけで、スタッフは何言ってんの?って顔していますが。

いいんです、それで。



結局ですね、何が一番すごいかなんてのは無いんです。

全ての手技がそれぞれ素晴らしい!

後はやる側の習熟度の問題でしょうかね。


★最後までお読みくださりありがとうございます。
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ リフレクソロジーへ
にほんブログ村
クリックしていただけると、他の整体・リフレ関連のブログも御覧になれますよ♪

当店ホームページはこちら→リラクゼーション パス
■パス・高坂セッションルーム

パス

Author:パス
★埼玉県東松山市で手技療法をしています。臨床経験は16年ほど。気づいたことや日々の想いなどを綴っています。

★産前産後、赤ちゃんの整体について最近お問い合わせが増えてきました。何かありましたらお気軽にご相談ください。

★不定期の更新ですが、お時間のあるときにでもお越しいただけたら嬉しいです。

★2012年ココロとカラダの学びの場を立ち上げました。こちらもよろしくお願いいたします。

■すみません。。。不定休です<(_ _)>
2017年2月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
2017年3月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
■Twitter
■応援のクリックが励みになります♪
■ご訪問ありがとうございます(-人-)
■今月の更新状況は?
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
■月別アーカイブ
■ブログ内検索
■リンク
■ブロとも申請フォーム