2017. 01. 19  
お正月が終わり平常モードになった後

久しぶりの高熱が出ました。

せっかくいい機会なので魚化龍の会

(整体、療術、ボディワークなどの流派や枠を超え、

治療法のみならず生き方を研鑽していく仲間の会)の

メンバーにアドバイスをいただきながら

風邪を上手に経過させようと思いました。

その時のレポート。



1日目。

2日前くらいから体調が崩れているのを実感。

熱を測ったら38℃。



2日目。

38.4℃

ここで魚化龍の会の仲間にアドバイスをもらう。

熱は39.3℃まで上がる。

目を使わないようにというアドバイスをいただく。



3日目。

食事もなるべく取らないようにというアドバイスをいただく。

熱は下がってきたものの平熱以下にならない。

(※上手く経過できる時は熱がいったん平熱以下になってから平熱に戻る。)

スッキリした感じもない。

夜になると熱は上がり37℃。



4日目。

平熱以下になる(感動!)。

「平熱以下は回復の時で、数時間の場合もあれば、

体にとって大きな病気の時は数日かかることもありですので、

完全に戻るまでは休養してくださいね。」とのこと。



以前、小さな不調を活かすという記事を書きました。

自分の身体への信頼度は確実にUPしてきています。

不調は起こらないようにするのではなく、

起こったあとにどう経過させるのか、

それを経てどう変わるのかというのが大事なんだなと

あらためて思った次第です。

信じて待つこと、これ大事だと思います。



【講座・研究会・カルチャースクール等のお知らせ】

●講座のご案内

第2回目の開催決まりました。
1月22日(日)14時~16時 嵐山町ヌエックにてBIG FIVE杉田さんとコラボで講座を開催します。
難しくない!!簡単に出来る姿勢と身体の作り方講座
参加者募集中です。



●研究会のご案内

立ち方、座り方、歩き方など日常生活における姿勢や動きを研究、練習する会を開催しています。
青竹踏みや椅子や壁を使いながらまっすぐに立ちやすい足をつくり、疲れにくい身体づくりを目指します。
興味のある方はどなたでもご参加いただけます。
よろしければ遊びにいらしてください。

次回開催日:2017年1月20日(金)19時~20時半
場所:高坂にて(お申し込みくださった方にお知らせいたします。)
参加費:1000円(竹をお持ちでない方には販売もできます。竹の代金は1000円です。)
お申し込みはパス・高坂セッションルームまで



●カルチャースクールのご案内

★坂戸グランドホテルWINでいちにちスクールを開催しています。
単発講座ですので全てにご参加いただかなくても大丈夫です。

次回の開催日は
1月25日(水)で、10時から11時30分までです。
青竹踏みを使ったエクササイズや快適な身体の使い方をご紹介いたします。

お申し込み・お問い合わせは坂戸グランドホテルWINまで



★最後までお読みくださりありがとうございました。
2016. 11. 14  
ご縁がありまして先月からよみうりカルチャー川越で

骨盤調整トレーニング体操
という講座を担当しています。

タイトルはよみうりカルチャーの担当者さんがつけてくれたもので、

タイトルに「骨盤」というのを入れたいということでこうなりましたが、

やっていることは骨盤に限定したわけではありません。

偏って使っている身体をニュートラルな状態にし、

楽に生活できるように姿勢や動作を見直していく

という感じのものをやっています。



先日ご参加くださった女性は

椅子を使って立ったり座ったりというのを繰り返していくと

動きが軽やかになってきて、

ヨイショって立ち上がらなくても重心の移動で立つというのが

掴めてきたようでした。

普段からこのように立ち上がる練習をしていくと

余計な力を使わずに省エネで生活ができると思います。

1時間15分という枠でやっているのですが、

終わる頃何か肩が気になるようでしきりに触っていまして、

なんとなくわかっていたんですけど聞いてみたんです。

「どうしましたか?肩痛いですか?」って。

そうしたら、「逆です、肩が楽になってるんです。」とのこと。

途中からそれまで持ち上げていた肩がダラッと下がっていたので

不必要にかためていた緊張が解けたということなんでしょう。

姿勢がよくなってかためている必要がなくなったとも言えます。



肩を揉み解すことはもちろんしてないし、

腕を回したり肩甲骨を動かしたりもしていません。

姿勢が来た時よりもよくなるエクササイズを一緒にやっただけです。

マッサージ行ったり湿布を貼ったりしなくても

身体が変わると症状は消えてしまうということですね。

全ての症状がよくなるとは言いませんが、

無関係で無いと思っています。



【講座・研究会・カルチャースクール等のお知らせ】

●講座のご案内

11月20日(日)14時~16時 嵐山町ヌエックにてBIG FIVE杉田さんとコラボで講座を開催します。
難しくない!!簡単に出来る姿勢と身体の作り方講座
参加者募集中です。



●研究会のご案内

立ち方、座り方、歩き方など日常生活における姿勢や動きを研究、練習する会を開催しています。
青竹踏みや椅子や壁を使いながらまっすぐに立ちやすい足をつくり、疲れにくい身体づくりを目指します。
興味のある方はどなたでもご参加いただけます。
よろしければ遊びにいらしてください。

次回開催日:11月18日(金)19時~20時半
場所:高坂にて(お申し込みくださった方にお知らせいたします。)
参加費:1000円(竹をお持ちでない方には販売もできます。竹の代金は1000円です。)
お申し込みはパス・高坂セッションルームまで



●カルチャースクールのご案内

★よみうりカルチャー川越にて講座を開催します。
骨盤を整え美しい姿勢や動きにつながるエクササイズをご紹介しています。

開催日:第2・4土曜日18時30分~19時45分

お申し込み・お問い合わせはよみうりカルチャー川越まで

★坂戸グランドホテルWINでいちにちスクールを開催します。
単発講座ですので全てにご参加いただかなくても大丈夫です。

次回の開催日は
11月23日(水)で、10時から11時30分までです。
青竹踏みを使ったエクササイズや快適な身体の使い方をご紹介いたします。

お申し込み・お問い合わせは坂戸グランドホテルWINまで



★最後までお読みくださりありがとうございました。
2016. 02. 11  
おおよその時間というのはあるのだけども

今うちでは時間を計測して施術をするということはやってない。

手技療法のコースでいうと、テーブルワークは40分~50分くらいとなる。

その後必要に応じて、座位(椅子を使って)や立位でのワークをすることがあり、

これが10分前後となるので、正味60分程度となる。

で、ごく稀に、少し長めにやって欲しいというリクエストをいただくのだが、

これについて現時点で思うことを書いてみたい。



時間を長めにというリクエストをされる方の多くは

おそらく長くやるとその分身体に効果があるからだという考えからだと思うが、

これはそうではないということを最初にお伝えしておきたい。

僕は風邪をひいたときに病院に行ったり市販の薬を飲むということはしないけど、

たぶん多くの方は病院に行くか薬を飲むかという選択をすると思う。

病院に行ってもたぶん薬を出されるけれど、

その量を早く治したいからといって1錠でよいところを

2錠や3錠に増やす人は少ないだろう。

※実は過去に、薬を用量を守らずに飲んでた方がいて

ビックリした記憶がある。

まだ開業する前に勤めていた整体院に来てた方で、

職業はなんと看護師であった。

薬が効かなくなってきたのでという理由で

3倍か4倍の量を飲んでいた。

これは本当に危険なので止めてもらいたい。



また、料理で例えるとこうなる。

肉を焼くとする。

ステーキをイメージして欲しい。

たしかに時間が短すぎれば、生焼けでしかない。

でも、長時間焼けば美味しくなるだろうか。

一般的には、肉汁が出るくらいが美味しいとされている。

中まで完全に火を通してしまうと肉汁が出てこなくなってしまう。

時間をかければいいというわけではないということがご理解いただけただろうか。

※いや、私はよく焼いたほうが好きだからよく焼いて欲しい、

そんなこともあるだろうが、これは例えなのでご容赦いただきたい。



なんでも適量があるということである。

早く治したいという気持ちはわかるのだが、

それはご自身の自己調整の力による部分も大きい。

その力がいつもちゃんと発揮されるように

お手伝いができたらというスタンスでやっています。



●研究会のご案内

立ち方、座り方、歩き方など日常生活における姿勢や動きを研究、練習する会を開催しています。
青竹踏みを使いながらまっすぐに立ちやすい足をつくり、疲れにくい身体づくりを目指します。
興味のある方はどなたでもご参加いただけます。
よろしければ遊びにいらしてください。

次回開催日:2月19日(金)19時~20時半
場所:高坂にて(お申し込みくださった方にお知らせいたします。)
参加費:1000円(竹をお持ちでない方には販売もできます。竹の代金は1000円です。)
お申し込みはパス・高坂セッションルームまで



●カルチャースクールのご案内

★熊谷カルチャーセンター(イオン熊谷店3F)にて
「骨盤帯トレーニング」という講座をやっています。
骨盤を中心に身体の正しい使い方を練習することで
肩こりや腰痛、膝痛etcに
悩まないでよい状態にしていくのが目的です。

今後の開催日は
2月15日
2月29日で、
10時半から11時45分までです。

見学、体験もできますので、よろしければご参加ください。
お申し込み・お問い合わせは熊谷カルチャーセンターまで



★坂戸グランドホテルWINで6月までの間で月に一回いちにちスクールを開催します。
一回で終了の単発講座ですので全てにご参加いただかなくても大丈夫です。

次回の開催日は
3月30日(水)で、10時~11時30分までです。
青竹踏みを使ったエクササイズや快適な身体の使い方をご紹介いたします。

お申し込み・お問い合わせは坂戸グランドホテルWINまで。



★最後までお読みくださりありがとうございました。
2015. 11. 03  
趾(あしゆび)がきちんと機能することで

身体の構図が変わってくることがこの数年でわかってきた。

そして、それは施術においても大きな助けとなっている。

単に足が楽になるということにとどまらず、

腰、背中、肩、首、頭など全身への影響が大きいのだ。

月に数回、動作術の会(旧 半身動作研究会)に参加し、

そこで学んだことを自分なりに研究してこれたのが良かったと思っている。



趾にきちんと加重することができることで

基底面の広さが確保され、状態は安定する。

趾の長さはほんのわずかであるが、その差はとても大きい。



重さが足裏のどこにかかっているか、

それを簡易的に測定する方法がある。

これをするとほぼ100%の方が踵側に立っている。

そしてそのために腰の部分において本来の構造から

わずかに崩れた骨格体系を持つことになる。

趾の操作をおこなうとビフォー&アフターがよくわかる。



しかし、先日あることを閃いた。

これ、趾を上げてやってみたらどうなるだろうか。

趾を完全に上げることで土踏まずがしっかりと浮き出る。

もちろん日常生活では適さない状態であるけど。

同時に内側を上げた場合。

これはそれなりにしっかりと立つことができる。

内側を上げるというのは足の外で立つということ。

基底面は狭くなるが、

相対的に中心に近づくということは無いだろうか?

という疑問、仮説。

実験をしてみたい。


【お知らせ】

●ワークショップのご案内

ココロとカラダに関する各分野の専門家をお招きし、
ワークショップを開催しています。
次回は11月14日(土)13時半から
米国Rolf Institute®公認ロルファーである橘隆徳さんの
ロルフィングWS 重力に抵抗しない身体の使い方5【肩甲骨・鎖骨操作】です。
とても楽しく学べる講座ですのでどうぞご参加くださいませ。



●ミニ講座のご案内

「立ち方・座り方」をテーマとしたミニ講座をやります。
青竹踏みを使いながらまっすぐに立ちやすい足をつくり、
疲れない座り方をご提案するワークをしていきたいと思います。
よろしければ遊びにいらしてください。
日時:11月20日(金)19時~20時半
場所:高坂丘陵市民活動センター
参加費:1000円
竹をお持ちでない方には販売もいたします。(1000円)



●カルチャースクールのご案内

★10月より志木カルチャーセンター(イオン新座4F)にて
「骨盤帯トレーニング」(全6回)という講座の開講が決まりました。
骨盤を中心に身体の正しい使い方を練習することで
肩こりや腰痛、膝痛etcに
悩まないでよい状態にしていくのが目的です。

今後の開催日は第1・3水曜日の
11月4日、18日
12月2日、16日
で、いずれも10時半から11時半までです。

見学、体験もできますので、よろしければご参加ください。
問い合わせは志木カルチャーセンターまで



坂戸グランドホテルWINで11月から2月までの間で月に一回いちにちスクールを開催します。
一回で終了の単発講座ですので全てにご参加いただかなくても大丈夫です。

開催日は
11月9日(月)
12月8日(火)
1月14日(木)
2月12日(金)
で、いずれも10時から12時までです。
青竹踏みを使ったエクササイズや快適な身体の使い方をご紹介いたします。

お申し込み・お問い合わせは上記リンク先にご連絡ください。



★最後までお読みくださりありがとうございました。
2015. 09. 10  
大田区で学習塾を経営しているくま塾長さんのブログ

可動域が狭いを読んで思ったこと。

これ、よくあると思います。



自分の姿勢を支持できてない状態なのですが、

ある程度治していく方法はあります。

以前、座り方について書いた過去記事ですが

こちらもよかったら参照ください。

座り方



rps20130906_162750_249_2015091018335447a.jpg

この2つの絵の▼のところ。

これが骨盤の仙骨の状態です。

右の絵は仙骨が後ろに倒れていて、

左の絵は仙骨が前に傾いているのを表しています。



骨盤はその構造上、前傾している状態が

一番安定しているとする考え方があり、

ここに位置することで上半身も変にクネッとせず、

かといってガッチガチに力むことも無く、

適度な状態でいられるようになります。



そして、上体をお尻だけで支えるのではなく、

お尻と両足の裏の3点で支えます。

カメラの三脚のような感じをイメージしていただけると

わかりやすいかもしれません。

仕事の効率は姿勢で変わりますので、

おそらく勉強も上記の姿勢を作ってやっていただけると

効果的だと思います。



ただ、座って何かをするということは

それだけで負担になるものですので、

年齢にもよるでしょうが、一定の時間やったら

必ず立って歩く、体を動かすなどして

リセットをしていただくことも合わせて知っていただきたいです。



体を正しく使うということは何も運動に限ったことではなく、

日常生活でも大いに関係のあることだと思います。




【お知らせ】


志木カルチャーセンターにて
10月からの新規講座開設に向けて受講生を募集しています。
9月30日(水)10時半から体験会をおこなう予定です。
よろしければ遊びにいらしてください。
悩みのないからだを目指す!骨盤帯トレーニング


シダックスカルチャークラブ鶴ヶ島駅前にて
10月からの新規講座開設に向けて受講生を募集しています。
体験会につきましては上記リンク先にお問い合わせください。
体が変わる!骨盤帯トレーニング



★最後までお読みくださりありがとうございました。
■パス・高坂セッションルーム

パス

Author:パス
★埼玉県東松山市で手技療法をしています。臨床経験は17年ほど。気づいたことや日々の想いなどを綴っています。

★産前産後、赤ちゃんの整体について最近お問い合わせが増えてきました。何かありましたらお気軽にご相談ください。

★不定期の更新ですが、お時間のあるときにでもお越しいただけたら嬉しいです。

★2012年ココロとカラダの学びの場を立ち上げました。こちらもよろしくお願いいたします。

■すみません。。。不定休です<(_ _)>
2017年3月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
■Twitter
■応援のクリックが励みになります♪
■ご訪問ありがとうございます(-人-)
■今月の更新状況は?
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
■月別アーカイブ
■ブログ内検索
■リンク
■ブロとも申請フォーム