2015. 06. 18  
昨日、親不知を抜きました。

もうずっと以前からどこの歯医者さんに行っても

「いずれこの歯は抜いた方がいいですよ」と

言われていたものです。

歯科の世界ではたぶん「抜く」というのは

一般的な治療法になるのだと思いますが、

ある種の整体の方は「断固抜かない」という話も聞いたことがあり、

自分でもそんなに急ぎの事案でもなかったことから

なんとなく放置をしていたところ、

今月頭にものすごく痛くなってしまい、

親不知抜くの上手いよと紹介されたところに

緊急で見ていただいたのでした。

それが6月3日のこと。



腫れと炎症が強く、このままでは麻酔が効かないとのことで

この日の抜歯とはならずに薬を処方されただけで終わりました。

3日間の抗生物質と痛み止めを飲み、炎症が治まったところで

昨日の抜歯となったのでした。



rps20150618_161945.jpg

下の親不知が横方向にはえています。

こうやってみるとけっこう大きいですね。

こちらの先生が仰っていましたが、

大学病院などですと、歯茎を切開して抜くんだとか。

でもそれは痛い。

なのでこちらでは、まず見える部分(歯茎から出てる部分)を砕き、

その後空いたスペースに

埋まっているところを引っ張り出すという方法を

取られるということでした。

時間は1時間予定のところ、45分くらいでしたでしょうか。

抜いているときのメリメリという感覚は忘れられません。

麻酔で痛みはないものの、怖い感覚はありましたね。

が、先生のおかげで何とか無事に終えることができました。



「抜いた歯を持って帰りますか?」と先生から聞かれたのですが

なんだか一仕事を終えたような感覚と

今まで悪さをしていたものがなくなった解放感からか

たぶんボーっとしていたんだと思うのですが、

そうしたら先生が何かを話していまして、

たぶん「持って帰る人いるんですよ」とかだったと思うのですが、

もう一度「持って帰りますか?」とニコニコしながら聞いてきたので

持って帰らねばならない雰囲気を感じました。



rps20150618_162135_824.jpg

それがこれ。

こんな可愛らしいケースを手首につけられて

45歳の僕は「コレをいったいどうしろと???」と

心の中で思わなくもなかったのですが、

まぁ無事に抜けた記念にもらってきたのでした。



で、帰ってきてからいろいろ考えることはありました。

今回、親不知を抜くという選択をしたわけですが、それはいい。

ただ、緊急事態になってからというのはよくなかったな、と。

これは僕が常々思っていることで、

うちのクライアントさんにも時々お話していることなんですけど、

「緊急事態になる前に手を打つことで緊急事態になることを防げる」

ということを僕自身ができていなかったのですよね。



rps20141104_174734 (1)

この時間管理のマトリックスの中で言うと

第一領域というのは「重要かつ緊急」なので

これを一番重視しなくてはいけません。

でも、ここではなく第二領域を充実させることで

第一領域に生まれる課題というものは

かなり減少させられるわけです。

そのことを書いた過去記事もよろしければどうぞ↓↓↓

第2領域へ集中する



僕のところに来る方も第一領域で来る方が多いです。

でも、これを普段からつまり痛みを感じない時から

身体に目をむけておりますと、きっと緊急時というのは

かなり少なくすることができると思っています。

そして、もっと言うと、

そういう状態に身体がなっていると

身体はかしこいので、勝手にバランスを取って

よい塩梅に戻していってくれるんですよ。

だからめったなことで緊急事態は起こりませんし、

起こったところで身体がほどなくよい感じにしてくれるので

みなさんにもそうしませんか?と、

これからは積極的に打診していこうと思ってるところです。



【お知らせ】

6月より熊谷カルチャーセンター(イオン熊谷店3F)にて
「骨盤帯トレーニング」という講座を受持つことになりました。
骨盤を中心に身体の正しい使い方を練習することで
肩こりや腰痛、膝痛etcに
悩まないでよい身体を作っていくのが目的です。

今後の開催日は
6月29日(月)
7月6日(月)
7月20日(月)
8月3日(月)
8月31日(月)
で、いずれも10時半からです。

一度だけの体験もできますので、よろしければご参加ください。
問い合わせは熊谷カルチャーセンターまで




★最後までお読みくださりありがとうございました。
2015. 05. 04  
昨日は午前中で営業を終了させていただきまして、

嵐山町のBIG FIVE(旧トレーニングジム・タイチー)さんの

オープニングパーティーに参加してきました。



rps20150504_135437_295.jpg



僕はトレーニングジムの会員ではないのですが、

オーナーの杉田さんがうちのクライアントさんでもあることから

以前から親しくさせていただいてるのです。



会場につくと、トレーニングやってる方がほとんどですので、

このムキムキマンの中に僕みたいのが居ていいのかな?

って感じでしたが、杉田さんを紹介してくださった、

昔からのクライアントさんのMさん、

杉田さん経由で知り合った方々等何人かの見知った顔があり、

安心できました。



今回はボディビルの合戸孝二選手がゲストでいらっしゃるということで

そのお話もとても楽しみにしていたのですが、

思っていた以上に大変おもしろかったです。

何人かの方のトレーニングの仕方を見て

アドバイスをしていらしたのですが、

Mさん(ベンチプレス選手)の時の話が印象的でした。



rps20150504_135537.jpg



Mさんの上げ方は重いものを上げるときのやり方だとのこと。

ベンチプレスであればそれで大丈夫とのことでした。

合戸選手はボディビルの選手なので、

どれだけ筋肉を大きくするか、魅せる筋肉にするか

が大事なので、上げ方が違うというお話でした。



ベンチプレスではどれだけ重いものを上げられるかなので、

僕の解釈なのですが、なるべく骨で支えるというのが良いのだとおもいます。

これは僕の取り組んでいることで言うなら

いわゆる「骨で立つ」というやつです。

これはベンチプレスという競技においても共通することのようです。

(あとでMさんに確認してみました。)

それに対して、合戸選手のように筋肉を大きくするためには、

なるべく筋肉に負荷をかける必要がありますので、

同じようにウェイトを上げるにしても身体の使い方が違ってくる、

ということでした(合戸選手いわく)。

これは骨で支えるというのとは別のものになります。

そのため、使い方がまずいと怪我などにも直結しやすいように思いました。

事実、合戸選手も過去に肩を痛めたことがあると、

セミナーの中でお話をされていました。

その治し方も、トレーニングの中でご自分で考えられたのは

素晴らしい事だと思います。

臨床の場においてもよくある、肩甲骨が動かない状態で

肩関節だけ動かす方に多い症状に近い感じがしました。



今回トレーニングのことを少し見せていただいて感じたのは、

従来の

・重たいものを上げられるようにする。

・筋肉を大きくする。

以外にも、身体の使い方を上手にするという道もあるのではないか

と思ったのでした。

それは、軽いウェイトでかまわないので

身体の中を通すように使うということです。

先日ジムで杉田さんの指導の下、

少しマシンを使わせていただいたところ

とっても重心がさがって身体が軽くなった経験から

そんなことを思ったのでした。

事実、関西の接骨院には、ジムが併設されているところが

よくあるそうです(杉田さん談)。



必要な筋量のUP、またその筋肉をどのように使うか、

それらを指導される杉田さんのジムBIG FIVEの

今後のご活躍がとても楽しみです。



★最後までお読みくださりありがとうございました。
2014. 06. 27  
以前より、特に初めての方から

「何屋さんかわからない!」と言われていました。

そこで今年1月に店舗のガラス面にシート状の看板を

貼ってみたらどうだろうか?と考えていまして

それが本日ようやく形になりました。



10517563_743418245721446_1572260251583774303_n.jpg



10441199_743418262388111_7015832617888971246_n.jpg



10432135_743418279054776_7152981830574635314_n.jpg



10338335_743418305721440_4622256714178336819_n.jpg



10470801_743418329054771_4853035624131208707_n.jpg



1964903_743418349054769_2982131707849844716_n.jpg

じゃーん。完成。



今回の看板制作にあたりお世話になった皆様ありがとうございます。

・モデルのNさんのことを書いたブログはコチラ

・今回看板の施工をお願いしたアドリス有限会社さん

・忙しい中デザインを引き受けてくれた高校からの友人 C太



これで何やってるところか少しはわかると思います。



★最後までお読みくださりありがとうございました。
2013. 05. 02  
もう3日経ってしまいましたが、

おかげさまで無事開店することができました。



201304301118000.jpg



201304301117000.jpg



201304301648000.jpg



201304301652000.jpg



201304301925000.jpg


ありがとうございます!

ちなみに最後のは時計の裏面です。

10年前にはじめて開店したときに、兄ぃがくれた時計。

今回の場所に置くことにしました。

初心に戻れた気がします。



★最後までお読みくださりありがとうございました。
2013. 04. 18  
前回の看板取付はこちら

店舗のシェアをしているビブラビさんと打ち合わせするため、

新店舗に顔を出してきました。

そしたらちょうど内装工事をしているところでした。



201304181431001.jpg

職人さんに床を貼っていただいてるところ。



いよいよここ(現店舗)での施術もあと10日を切りました。

なんだかあっという間です。
■パス・高坂セッションルーム

パス

Author:パス
★埼玉県東松山市で手技療法をしています。臨床経験は17年ほど。気づいたことや日々の想いなどを綴っています。

★産前産後、赤ちゃんの整体について最近お問い合わせが増えてきました。何かありましたらお気軽にご相談ください。

★不定期の更新ですが、お時間のあるときにでもお越しいただけたら嬉しいです。

★2012年ココロとカラダの学びの場を立ち上げました。こちらもよろしくお願いいたします。

■すみません。。。不定休です<(_ _)>
2017年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2017年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
■Twitter
■応援のクリックが励みになります♪
■ご訪問ありがとうございます(-人-)
■今月の更新状況は?
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
■月別アーカイブ
■ブログ内検索
■リンク
■ブロとも申請フォーム